月別アーカイブ: 2017年5月

大学生はお金がかかる

私は、高校を卒業後、地元を離れて、国立大学に進学しました。恐らく、高校や中学などに比べて、大学進学の際に一番お金がかかってしまうと思います。なぜならば、入学金は、国立大学では25万ほどで、年間の授業料は約100万は必要です。

私が進学したのは国立の大学でしたが、これが私立大学だともっとお金がかかってしまいます。私立大学ですと、国立大学の約2倍の費用がかかってしまうのではないでしょうか。

また、私は地元を離れて大学に進学したため、一人暮らしをせざるを得ませんでした。一人暮らしはとてもお金がかかりました。家賃や光熱費、水道代だけでなく、食費やインターネット料金など、月にすると約10万は必要だったかと思います。私は極力家賃の安い所に住んでいたのですが、これがもしも首都圏に住むとなると、家賃だけでも相当の費用がかかってしまうのではないでしょうか。

また、意外とかかってしまったのが、食費です。普段の食費だけではなく、サークルなどに所属している場合は頻繁に飲み会があって、その都度出費がかさみました。 大学進学の際に多くのお金がかかってしまいましたが、何点か、その対策についても述べます。

まず、日本には奨学金制度があります。奨学金を一時的に借りる事で、生活費を得る事が出来ます。ただ、奨学金はその多くが社会人になってから返済しなければならない事に注意が必要で、社会人になった際に生活費を圧迫してしまう恐れがあるため注意が必要です。それでも、学生時代に奨学金を借りるのは有効な方法だと思います。

なぜならば、他の金融機関で借りるよりも利子は低いからです。また、世帯の収入がそもそも低い場合は、入学金や授業料などが免除されることもあります。入学後手続きをする必要がありますので、大学の学生支援係に問い合わせてみると良いと思います。

私も学費の免除申請を行いましたが、学費が全体の半分程度に抑えられたように思います。また、一人暮らしをする際は寮などを利用すると生活費が節約できると思います。本当にお金に困ったときにだけ学生ローンを利用するようにしましょう。じゃないと癖づいて大変なことになってしまいます。学生ローンをどこで利用するか考えてからですよ。

支払いの危機の時の工夫

私が至急お金が必要だと思う時はいろいろな支払いの期限が迫った時です。特にカード関係はしっかり払っておかないと余計な手数料を取られたり、カードが使えなくなって再発行に時間がかかったりなどめんどくさいことが多いので最優先事項になります。

なぜそのような事態に陥ってしまうかといえばやはりお金を使いすぎたことが原因でそうなってしまいます。特に長期休暇があると旅行や、趣味、食事といったことに加え自分の欲しいものを買ってしまうことが多くなるので出費がかさみます。その上、遊ぶ時間が多くなるということはアルバイトなどお金を稼ぐ時間が反比例して少なくなってしまうため収入がとても少なくなってしまいます。

このような時の解決方法としてはまず食事にかけるお金を減らすようにします。具体的にどのようにするかというと、安いお店で食材を購入し自炊をするというものです。自炊も一回だけとかだと逆に割高になってしまうため、友人と食事に行かない時以外は全て自炊するようにしています。

また、レシピを見て全ての食材を買ってそれ通りに作るのではなくその材料の中で妥協できる食材や調味料を探しなるべく一食の単価が少なくなるように努力します。また、食材としてはもやしや豆腐を多く買うようにしてます。理由はとにかく安くて多いからです。

また、そのほかの解決方法としては派遣会社にいくつか登録しておくことによって危機に陥った時に日払いの仕事をするようにしています。沢山の派遣会社に登録しておくことによってすきな時に高時給の仕事を見つけることが可能になりました。

また、仕事を申し込む時も依頼が来たらすぐに申し込むのではなく夕方ぐらいまで待つことによって依頼した会社の報酬とは別に派遣会社から上乗せの報酬が出る時があります。そういったものを利用して短い時間でより沢山のお金を自分のすきな仕事で稼ぐことができます。

そのほかにも、要らないものをフリマアプリで売ることでお金を手に入れる方法もあります。風俗嬢時代はよくカードローンを利用していました(※風俗嬢カードローン)が、今はなるべく節約して借入を避けるようにしています。